合同説明会を有意義なものにするポイント

合同説明会に参加するに当たっては、様々な心構えが必要なものです。
多くの企業が参加することから、就職先を模索している人にとっては貴重な情報収集の機会となります。

また、日頃あまり接触する機会のない企業も参加していることが多いので、そのような企業を知る良いチャンスとなります。合同説明会に於いては会社の紹介をする場所というだけではなく、企業の採用担当者が良い学生などを物色する場所であるとも言われています。
その為、合同説明会に於いては自分が希望する企業の担当者の前で自己アピールをする人も少なくありませんが、これはあまり好ましい行動ではありません。

確かに企業の採用担当者が学生を選抜する目で見ていることは確かですが、そのポイントは異なるところにあります。



それは、きちんとTPOをわきまえて行動できる人材かどうかです。



合同説明会は企業が自分の紹介をする場所であり、学生がアピールをする場所ではありません。

その為、真摯に企業の採用担当者の話を聞き、質問するべきところはしっかりと質問しているかどうかが評価されることになります。



また、中にはどれだけ多くの企業の話を聞き、またどのような質問をしているかといった事をチェックしている採用担当者もいるほどです。

合同説明会は様々な企業の話が直接聞ける良いチャンスです。
自分の進路を決める上で出来るだけ多くの情報を入手できるかでその選択肢が広がり、より自分にあった仕事が選択できるようになります。

その点を意識して有意義に活用することがポイントです。