合同説明会の会場での動き方

合同説明会は、一箇所にいくつもの会社が集い、説明会を開催することです。大手に限らず、中小企業も参加するので就職活動を開始して志望する業界が決められていないという時に訪れてみると良いヒントが得られます。

合同説明会についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

一方、Uターン就職を希望している方や、理系や留学生に的を絞っている事もありますし、業界が限定されていることもあるので全ての合同説明会がざっくばらんというわけではありません。

このように、形式は複数ありますが、どのような形式であっても心構えは共通しています。

それは、参加したい企業は前日を期日として調べておいた方が良いという事です。

会場に到着すると、入口付近で参加している会社が掲載されている資料を受け取ることができるのですが、事前にインターネットで情報収集しておくと良いです。



お話を聞きたいと感じる組織をおよそ3社から6社見つけておくとスムーズに動くことが可能になります。


次に、合同説明会では空いている場所にあえて行ってみることが大切です。

やはり大手は人気が高いので、常に満員状態で立ち見の状態が続いてしまいます。


そこで、人がいない所やこれまで耳にしたことが無い企業や業種ばかりを巡ってみると、思わぬ出会いがありその後の人生を大きく変えることもあります。



近頃ではインターネットであらゆる情報が手に入るので、合同説明会に行く意味を見いだせない学生も多いのですが、合同説明会の会場で配られるパンフレットにはウェブサイトには掲載されていない事柄が載っています。